付加断熱工事が終わりました。


SFFGの付加断熱
SFFGの付加断熱

いえ博久喜モデルの付加断熱工事がほぼ終了しました。付加断熱工事って聞きなれないかもしれませんが、壁の中には通常の高性能グラスウール16kg105mmを入れてその外側にスタイロフォームのFGを付加したものです。断熱材の種類は各社いろいろ選ぶのですが、当社では、HGW+SFFGという選択をしました。これは、新住協が奨励している断熱の構成のひとつでもあるからです。壁の中に入り込んだ湿気が逃げられる工法なんです。

この後、施工上どうしても出来てしまった隙間にウレタンフォームを吹き付けていきます。そして、サッシと玄関ドアが取り付けた後、気密測定を行う予定です。

0件のコメント