何度も来る余震に強い家



熊本地震の恐ろしさを改めて感じさせられたのは、本震と変わらないほどの強さで襲う度重なる余震でした。震度6以上の揺れが7回も発生し、倒壊を免れた建物も倒壊が心配で10数万人の被災者が避難所で何日も苦しんでおられました。車でエコノミークラス症候群で亡くなった方もおられたようです。

今度の地震でもお分かりのように、新耐震基準で建てられた家でもいかに繰返しの揺れに弱いかがわかります。耐震等級3の最高レベルで建てられた家も繰り返し来る余震の激しさに致命的な欠損を負う可能性もあります。

ですので、耐震だけでなく制震を考慮すべきなのです。東日本大震災のあとから、当社では制震装置をとりつけています。この装置によって地震の揺れを最大50%削減してくれるので、建物に致命的な欠損を負いにくくしています。

SSダンパー「エヴォルツ」の大切さが証明されたといっても過言ではありません。ぜひ、新築を考えられている方は、制震装置「エヴォルツ」を取り付けるようにお願いしてみてください。費用は40万円程ですので、安いものではありませんが、万が一のことを考えると絶対に外せない装備だと思います。


コストパフォーパンスに優れた家を建てたい方、土地探しからの方も、

地元40年以上の実績のある当社に、お気軽にお問い合わせください。

​施工エリア:三陽ホームは、埼玉県幸手市、久喜市、宮代町、杉戸町、加須市、羽生市、春日部市、古河市、五霞町、

春日部市、越谷市、 吉川町、白岡市、蓮田市、さいたま市北部、茨城県南部にて本物のレンガ積みの家を建てています。

圏央道開通により施工エリアが広がりました。

車で1時間以内を施工範囲とさせていただいておりますので、ぜひお問い合わせください。

川越市、常総市などの施工実績もあります。毛呂山町や新座市の建築も可能です。ただし、高速を利用しての1時間以内の場合、別途高速代などの経費をいただく場合があります。
  • Facebook
  • Instagram

​営業時間 9:00~17:40 定休日 毎週木曜日 第1.3.5水曜日

©三陽ホームは、本物のレンガを積んでメンテナンスフリーな家を建てています。コストパフォーマンスに優れた高耐久建材のヨーロッパ漆喰もおすすめです。