給湯器からシャワーの間の配管から水漏れ


先日私の自宅で起こったことですが、水道検針の人から、「ずいぶん使いましたね」「漏水チェックしてもらった方がいいですよ」と言われ、早速水道屋さんに電話しました。普段1万円のところ2万円分の水量になっていました。

漏水チェックの聴診器のようなもので、どこから漏れているかをチェックしました。台所、洗面所、トイレ、お風呂、外水道とすべての配管をチェック。

すると、お湯を使った時だけ異音が聞こえます。

水道屋さん曰く、なぜか銅管を使っていた頃の住宅は、穴が空き漏水が起こることがたびたびあるそうです。

給湯器から基礎のコンクリート内に入ってシャワーまで行っている配管を入れ替えるとなると、壁や基礎を壊さなければいけません。

お金がかかってもそうしたい人以外は、バイバス配管をして漏水している管は、埋め殺してしまいましょう。

今は、銅管を使ってないのでこれで数十年は安心です。元のシャワー官とつなげるのも溶接せずに特殊な接続金具を使って下さい。

工事は、朝からやってお昼前には終了しました。

*ちなみに幸手市では、漏水時請求額を減免してもらえる制度があります。ただし、お湯配管の漏水は、適用外でした。残念!


コストパフォーパンスに優れた家を建てたい方、土地探しからの方も、

地元40年以上の実績のある当社に、お気軽にお問い合わせください。

​施工エリア:三陽ホームは、埼玉県幸手市、久喜市、宮代町、杉戸町、加須市、羽生市、春日部市、古河市、五霞町、

春日部市、越谷市、 吉川町、白岡市、蓮田市、さいたま市北部、茨城県南部にて本物のレンガ積みの家を建てています。

圏央道開通により施工エリアが広がりました。

車で1時間以内を施工範囲とさせていただいておりますので、ぜひお問い合わせください。

川越市、常総市などの施工実績もあります。毛呂山町や新座市の建築も可能です。ただし、高速を利用しての1時間以内の場合、別途高速代などの経費をいただく場合があります。
  • Facebook
  • Instagram

​営業時間 9:00~17:40 定休日 毎週木曜日 第1.3.5水曜日

©三陽ホームは、本物のレンガを積んでメンテナンスフリーな家を建てています。コストパフォーマンスに優れた高耐久建材のヨーロッパ漆喰もおすすめです。