本当に地震に強い家とは?

構造用ハイベストウッドで地震に強い家を作って、

さらに高性能制震ダンパーで地震の揺れを50%削減して、

家を守ります。

(独)防災科学技術研究所(つくば市)にて連続5回 巨大地震波 加振後の実物大住宅モデル

驚異的な耐震性能を実物大住宅モデルで実証!
構造用ハイベストウッドを使用した実物大住宅モデルで、過去最大級の地震を再現した地震波を連続5回加振させ、耐震性能を検証しました。
倒壊しないだけでなく、木材や金物への損傷もない強固な構造躯体(P&C-MJ SYSTEM)であることが証明されました。

※再現した地震波は、JMA神戸、JMA川口、BCJ波、JMA神戸110%、JMA神戸の5回実施、震度6強~7、マグニチュード6.8~7.3以上

制震ダンパーの効果がわかる動画(エヴォルツ)
本当に地震に強い家とは、何度も来る余震に耐え倒壊しない建物です。震度8に耐え倒壊しなかったとしても、制震ダンパーが付いてない家の場合、2度目3度目に来る震度6、7の余震で倒壊して恐れがあります。
当社では、すべての家にこの制震ダンパーを標準装備しています。
​平成29年8月までのエヴォルツ

千博産業の開発したこの制震ダンパーを技術力で世界でもっても優れたビルシュタイン社が制作した「エボルツ」を耐震解析シミュレーションソフトで12か所設置し、地震の揺れを最大50%削減させます。

​平成29年9月より最新型L220に変更し標準装備しています