コストパフォーパンスに優れた家を建てたい方、土地探しからの方も、

地元40年以上の実績のある当社に、お気軽にお問い合わせください。

​施工エリア:三陽ホームは、埼玉県幸手市、久喜市、宮代町、杉戸町、加須市、羽生市、春日部市、古河市、五霞町、

春日部市、越谷市、 吉川町、白岡市、蓮田市、さいたま市北部、茨城県南部にて本物のレンガ積みの家を建てています。

圏央道開通により施工エリアが広がりました。

車で1時間以内を施工範囲とさせていただいておりますので、ぜひお問い合わせください。

川越市、常総市などの施工実績もあります。毛呂山町や新座市の建築も可能です。
  • Facebook
  • Instagram

​営業時間 9:00~17:40 定休日 毎週木曜日 第1.3.5水曜日

©三陽ホームは、本物のレンガを積んでメンテナンスフリーな家を建てています。コストパフォーマンスに優れた高耐久建材のヨーロッパ漆喰もおすすめです。

本当に地震に強い家とは?

長期優良住宅の耐震等級2の建物が倒壊するシーン
左が耐震等級2を満たさない家で、右が長期優良住宅の家です。理論的には、右の家が倒壊せず、左の家が倒壊するはずでした。しかし結果は、耐震等級の高い右の家があっけなく倒壊してしまいました。
 
これは、金物や筋交いで強度を出した結果、その揺れの力が2階の梁と柱のつなぎ目部分に大きな力となって伝わり、倒壊してしまったのです。
 
左の家は、柱が土台にしっかりと固定してなかったので、柱が上下に動くことで、揺れの力を逃がして倒壊しなかったのです。
制震ダンパーがないと釘の頭が簡単に折れてしまいます。1:54秒から
本当に地震に強い家とは、何度も来る余震に耐え倒壊しない建物です。震度8に耐え倒壊しなかったとしても、制震ダンパーが付いてない家の場合、2度目3度目に来る震度6、7の余震で倒壊して恐れがあります。

構造用ハイベストウッドで地震に強い家を作って、

さらに高性能制震ダンパーで地震の揺れを50%削減して、

家を守ります。

(独)防災科学技術研究所(つくば市)にて連続5回 巨大地震波 加振後の実物大住宅モデル

驚異的な耐震性能を実物大住宅モデルで実証!
構造用ハイベストウッドを使用した実物大住宅モデルで、過去最大級の地震を再現した地震波を連続5回加振させ、耐震性能を検証しました。
倒壊しないだけでなく、木材や金物への損傷もない強固な構造躯体(P&C-MJ SYSTEM)であることが証明されました。

※再現した地震波は、JMA神戸、JMA川口、BCJ波、JMA神戸110%、JMA神戸の5回実施、震度6強~7、マグニチュード6.8~7.3以上

当社では、すべての家にこの制震ダンパーを標準装備しています。
​平成29年8月までのエヴォルツ

千博産業の開発したこの制震ダンパーを技術力で世界でもっても優れたビルシュタイン社が制作した「エボルツ」を耐震解析シミュレーションソフトで12か所設置し、地震の揺れを最大50%削減させます。

​平成29年9月より最新型L220に変更し標準装備しています